ダイレクトメールを扱う専門サービスを活用して多くの世帯へ情報提供

発送の手配をしてくれるので便利

ダイレクトメールを制作したら、顧客への配送が必要になります。そこで専門業者へ委託することにより手間を省くことが可能になるため、定期的に発送をしているという場合に役立つサービスです。また、発送のフローがしっかりしているため、誤配のリスクを防ぐことができるでしょう。

専門業者へ依頼するときに重視したいポイント

  • 取り扱っているDMの種類
  • 制作や発送に掛かる費用
  • テンプレートの取り扱い
  • サービスの実績
  • 実際に利用した人の声
  • 未着率の調査
  • ネットからでも申込み可能か
  • 制作から発送までの期間
  • プライバシーの管理
  • 対応している地域

ネットで申込みが完結すると便利

気軽に利用ができるということで、ネットからの申込みに対応しているサービスが注目されています。ダイレクトメールの制作の際には専用のテンプレートを選択することもでき、お店までいく必要がないので手間なくスムーズに準備が進められると評判が寄せられています。

利用するときの疑問点を解消

発送の量を指定することは可能ですか?

DM発送代行業者では、1件単位で調整をしてくれるところもあります。顧客の数に合わせて丁度注文ができるので、余計なコストが掛かってしまう心配がありません。都度細かく発送件数を調整してくれるところであると、より安心でしょう。

未着のDMはどのように扱われる?

引越しされた顧客に対しては配送ができません。DM発送代行では追跡サービスを取り入れており、未着の状態であるDMについては、その住所をまとめてクライアントへ提出します。次回発送手配をする際に役立つので、無駄なコストが発生することがなくなります。

どうやって費用を比較する?

複数のDM発送代行業者があって、どこを利用すれば良いか迷ってしまうこともあるでしょう。そのような場合に役立つのが見積もりサービスです。ネットから問い合わせが可能であり、希望の条件に合わせてプランを提案してくれます。また、そのまま注文に進むことが可能なので、すぐにでも利用したいという人にとって便利なサービスといえるでしょう。

大量のDMを送りたいときの対応は?

集荷サービスに対応しているDM発送代行もあります。制作は自社で行ないたいという場合に便利であり、発送する件数が多いほど利用したいサービスでしょう。集荷に関しては対応している地域が限定されている場合があります。そのため、利用前の確認が必須になります。

どんなときにDMは役立ってくれる?

セールや新しい商品の情報などを顧客に伝えたいときに役立ち、リピート率を上げたいときにDMは活躍してくれます。料金は変動しますが、圧着ハガキであると1枚のハガキでも多くの情報が掲載できるので、宣伝情報の量が多いという場合でも利用がしやすいでしょう。

[PR]
低コストのDM発送代行業者!
物流コストをグッと節約☆

ダイレクトメールの制作や発送を任せることで得られるメリット

インク

小分けにして発送することも可能

まとめて一気にDMを発送してしまうと、情報を受け取った顧客からの注文や来店が一気に増えてしまうことが予想されます。DM発送代行ではそのような状況を想定して、小分け発送という方法を取っています。発送スケジュールを立てておくことにより、注文や来店による利益アップの機会を逃すことがなくなります。

制作と発送を組み合わせてコストダウン

DM発送代行では制作サービスに対応しているところもあります。別々で手配をするよりも、割り引きによって安くなることがあり、お得にDMの手配が進められます。無料で見積もりに対応しているところもあるので、先ずは結果をもとに予算に見合っているか考えておくと、よりよいお得なプランに出会えるでしょう。

小口の注文で試してみる

初めてDM発送代行を利用するのであれば、小口注文のプランを利用するという方法も良いでしょう。安い費用で試せる他、サービスの質について把握ができるので、どこの発送代行を本格的に利用するかどうか迷っている場合に役立ちます。

[PR]
商品パンフレットの制作依頼
豊富な経験のプロ対応

[PR]
ダイレクトメールの作成を低価格で対応
宣伝コストを抑えよう

[PR]
横断幕なら専門店に頼もう
メール相談をしてみよう